読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一か八か

中卒DQN元鳶職がプログラミングを学び、iPhoneアプリ開発会社を起業したらどうなるかの記録と一口メモ

なにかをする上で最も大切なことに気付いてしまった

毎週火曜日にサッカー、金曜日にフットサルをしているのですが、最近どうもテンションが上がりません。

 

なぜかという理由ははっきりと分かっています。

 

目標がないからです。

 

僕がやっている社会人サッカー、フットサルはリーグ登録等もしていませんし、たまにどこかと練習試合をするくらいで、それ以外はいつも同じメンバーで紅白戦をしているくらいです。

 

最初の頃はサッカーをしているだけで十分楽しくて、紅白戦でも毎回絶対勝ちたくて、勝てば喜び負ければ悔しみ楽しんでいたのですが、年齢ももう三十路を迎え体力も今後衰えていく一方で、最近は紅白戦をプレーするだけでは楽しいと感じることがなくなってきました。

 

という、プライベートでの不満や愚痴を書きたい訳ではなくて、今日もサッカーに行ってきて走り回りながら悟りを開きました。

 

会社も一緒やなこれ。

 

最初の頃は、それこそ起業しただけでもテンションが上がって、社員が増え、仲間が増え、皆でプログラミングやデザイン、企画をするだけで楽しめる部分もあり、走り回っているだけでやりがいを感じていましたが、最近はどうも違う。

 

なんでだろうと考えていて、自分は四国で一番と自負するほどの飽き性なので、会社に飽きてしまったのか、また、この業界に飽きてしまったのかと悩んだこともありましたが、一番の問題は全然違うところにあることを、またサッカーを通して気付きました

 

明確な目標がないからです。

 

今、サッカーをやっていて、紅白戦のみの繰り返しを毎週行い、例えば県の大会で優勝したいとか、あそこのチームだけには負けたくない等の目標がないのでこのような状況になっているのと同じように、会社も毎日与えられた仕事ややらなければいけないことのみを、同じように同じように繰り返しているだけで、上に書いたような目標がない。

 

  • 徳島で一番の企業になるぞ
  • 日本で一番の企業になるぞ
  • 世界で一番の企業になるぞ
  • 年商◯◯◯円いくぞ
  • 年収◯◯◯円取るぞ
  • あの車を買うぞ
  • あの時計を買うぞ
  • あんなサービスを創るぞ
  • こんなアプリを創るぞ
  • あいつに勝つぞ
  • あの企業をやっつけるぞ

こういう明確な目標がない。

 

あっても、それを共有できてない。

 

サッカーをやって、「まぁ勝ち負けも大事だけど、身体を動かすことも大事だよね」と言っているのと同じ感覚で、「まぁご飯食べれるからいいんだけどね」みたいな状況。

 

これではテンションが上がるはずもなく、小学生から続けている大好きなサッカーでさえ今のような状況になるので、このままでは非常にまずいということ

 

こういう、明確な目標がないと、なんの為にこの会社にいるのかが分からなくなってくる。

 

今、サッカーをやっていて、もっと上手くなりたいとあまり思っていない。

 

満足している訳ではなく、勝ちたいと思ってないからですね

 

勝ちたい相手がいないからです。

 

そういう相手がいない、目標がないとなると、働いていても技術を上げたい、もっとこうなりたい、もっとああなりたいという気持ちも当然なくなってくる。

 

このままサッカーを続けてもサッカーが楽しくなくなってくるのと同じように、この会社で働くことが楽しくなくなってくる。

 

ということで、明確な目標を決めます。

 

個人の目標、会社の目標、みんなの目標。

 

一日の目標、一週間の目標、一ヶ月の目標、一年の目標。

 

間隔は自分の好きなように設定するとして、とにかく目標は絶対にいることに気付いた。

 

いまさら。